ブログ

ホーム > ブログ > Let's工場見学! > Let’s工場見学!「溶接加工ってどんな作業??」

Let’s工場見学!「溶接加工ってどんな作業??」

こんにちは。

昭興電器製作所、福原です。

 

前回までは、板金工場の大きなマシーンを見て頂きました。

今回は「溶接」について見ていきましょう!

 

 

まず始めに、溶接とは?どんな作業なのでしょうか?

 

溶接は、2個以上の部材の一部を溶接機により熱や圧力などで接合し、1つの部材にする加工方法です。

日本では弥生時代の銅鐸にも溶接の跡が発見されています!

現在では、鉄骨や鉄筋などの建物や、機械、車など私達の日常生活に関わる多くのものに施されている加工技術です。

 

昭興電器製作所の板金工場では、主に2種類の溶接加工を行っています。

 

 

始めにアルゴン溶接です!!

 

TIG(ティグ)溶接とも呼ばれる溶接方法で、溶接する材料(母材)同士または溶加棒(溶接棒)などを溶かして、

溶融金属(熱などを加え、液体になった金属)を作り接合する溶接方法です。

こちらは火花が飛ばない溶接方法になります!

こちらは溶加材(溶接棒)などを溶かして母材と接合させているところです

 

 

溶接する際、空気が入ったり、不純物が混ざってしまうと、溶接部分がもろくなってしまうので、それを防ぐ為にタングステンと呼ばれる針先のような部分の周囲から、アルゴンガスを放出し、空気を遮断します。

こちらの道具がトーチ、まるで囲った部分がタングステン

母材同士を溶接した部分

 

溶接というと、火花が飛んでいるイメージがありませんか?

それは被覆アーク溶接といって、アルゴン溶接の仲間になります。

金属の棒に被覆材が巻かれていて、洗濯バサミのようなホルダーで挟み電流を流すと、被覆材がガスとなって、アルゴン溶接と同様、空気や不純物を遮断します。

建築現場工事現場など屋外で用いられる溶接加工です。

 

 

次はスポット溶接です!!

 

細かい部品本体同士など板材の面と面を貼り合わせる時に活躍します!

こちらは圧接といって、電流による加圧で局部的に溶融し接合する方法です。

ホチキスのように、接合したい部分を留めていきます。

こちらがスポット溶接機

先端の丸で囲った部分に部材を挟んで溶接します

丸で囲った部分がスポット溶接で接合した部分

 

 

実は「はんだ付け」も溶接の1種なのです。

熱で溶かしたはんだによって金属を接合する作業の事で、電子部品や電線、端子、コネクタなどの配線部品を接合し、

電気回路を形成する用途としても使われる事があります。

昭興電器製作所では、照明器具を組立てる特器製造部」で行われている時があります。

「はんだ付け」は従来、鉛とスズの合金で行われていましたが、現在は環境保全の為、鉛フリーの金属で行われています。

 

 

溶接は、鉄などの板材を1度溶かして接合するので、短時間では接合が甘くなり、長時間では金属が溶けてします。

その感覚も全て技術と経験によるものですし、細かい部材もあるので繊細な作業でもあります。

 

 

板金工場では、図面を展開し、1枚の真っ新な金属の板材から使用する部品を切り出す事から始まり、

板材を曲げたりネジ穴を作ったり溶接で部品を接合する事により、照明器具としての土台が完成します。


 

今回で板金工場の工場見学は以上です。

 

機械職人さんの見た目ダイナミックなものが多いですが、作業内容は緻密です。

板金工場では、確かな技術を持ったスタッフさんが大活躍!!ていますよ!

 

出来上がった器具は、協力会社さんのもとで塗装され、昭興電器製作所に戻ってきます。

そして、戻ってきた器具は次回から紹介する、特器製造部により、その他の部品と合わせて組立てられ、照明器具」となっていきます。

 

それでは次回をお楽しみに♪

お問い合わせ
  • 採用情報について
  • 社長のブログ
  • QRコード
小ロットからでも対応可能!特注照明器具・LED照明器具の製作・OEMなら昭興電器製作所にお任せください!