ブログ

ホーム > ブログ > 2015年7月

夏間近か

営業部野中です。

先週は毎日のように雨が降り、じめじめした天気が続きましたね。

そんな天気の日は通勤するのも一苦労で、特に自転車や徒歩通勤の方は大変な時期ではないかと思います。(私も雨の中自転車に乗っておりましたところ転んでしまいました。。。)

勤務中はもちろん通勤時も十分お気を付け下さい。

 

さて今回は少し業務から離れて、暑い時期に役に立つ熱中症について書きたいと思います。

まず熱中症とは、現場や工場、デスクでも気温が高い状況で長時間作業をしていると汗をかくことによって水分、塩分が体から失われます。また湿度が高いと汗が蒸発せず、熱がこもったままの状態になった結果、体の熱が放出されなくなってしまう状態です。

飲み物

ひどくなると死に至る危険がある熱中症、防ぐためにはまず水分補給です。麦茶やスポーツドリンクなどで、手軽に必要なミネラルやナトリウムなども摂取できるので便利です。また塩分入りの飴や梅干し、みそ汁なども効果的だそうです。

 

私の知識では足りない所がありますので、下記リンクより熱中症に関するお知らせをご覧ください。

◇ 環境省 熱中症予防情報サイト

◇ 消防庁 熱中症対策リーフレット

 

これからますます暑くなってきます。

ぜひともこのブログをご覧になった皆様がこの夏をご安全に過ごすお役にたてればと思います!!

 

LEDについての雑記

営業部 原 と申します。

今後、月に1回のペースでブログを更新して行きます。

梅雨に入り、じめじめと暑い日が続きエアコンを使う機会も増えてきて、節電が囁かれる季節になりました。

あじさい

省エネと言われ街中にLEDが普及してきていますが、当然古い照明器具をLED照明器具に交換することで省エネとなります。最近ではLED照明器具を用いて、日中の明るいときや人がいないところの照度を下げたり、ブラインドを使い自然光を取り込み日中の電力を削減する技術が出てきています。このような情報はネットや展示会などで知ることができます。

 

先日、竣工前の現場で体験することができました。夜、誰もいない広いフロアーにいたときに奥の方が少し暗く感じ、照明器具が違うのかなと思い行ってみると、移動に合わせて明るくなっていきました。それは同じフロアーにいた人が気が付かないほどやさしく自然に切り替わりました。LEDの調光機能とセンサーを使い人が行うのではなく、自動的に細かく無駄を無くしていました。

オフィス

LEDは昼光色や電球色など色温度を変えることができます。それを利用して夏は昼光色で涼しく感じさせ、冬は電球色で暖かく感じるようにし、エアコンの設定温度を抑えて省エネをする提案も聞いたことがあります。照明器具は暗ければ点ける、明るくなれば消すなど、単純な物ではなく進化していることを感じました。

 

私の家でもセンサーを使い省エネしています。

   

お問い合わせ
  • 採用情報について
  • 社長のブログ
  • QRコード
小ロットからでも対応可能!特注照明器具・LED照明器具の製作・OEMなら昭興電器製作所にお任せください!