ブログ

ホーム > ブログ

ねじや 「浅井製作所」さんの工場見学に行ってきました!

こんにちは。

昭興電器製作所、福原です。

 

 

製造業である弊社では、ねじをたくさん使用します。

探してみれば、自宅でも、ねじを使用した家具がたくさんあります。

しかし…実際「ねじ」ってどうやって作られているのでしょうか?

 

 

 

先日、4名のスタッフで、ねじを製造している浅井製作所さんの工場見学に行ってきました。

ねじを作る工場…皆さんイメージできますか?

 

 

 

今回は、浅井製作所さんの工場をご紹介させて頂きます!

 

 

 

工場内は、一定に刻まれる心地よい機械の音と、どこか香ばしい香りに包まれています。


香ばしい香りの正体は菜種油でした!

ねじを作る際に、機械やネジを傷めない為に使用しているそうです。

他の油ではなく、菜種油が一番良い!!との事。

 

 

 

そしてこちらが浅井製作所 浅井英夫社長です!

笑顔が素敵!お話しも面白いっ!!ネジの世界にどんどん引き込まれてしまいますよ!

 

 

 

それでは「ねじができるまで!」を見ていきましょう!

 

 

 

こちらは「ねじ頭」を造る「圧造機」です。


金属の線材からねじが作られます。

 


丸で囲った部分でねじの頭が作られます。「ダブルヘッダ」という加工方法です。

 


左   → 指定された長さに金属の線材をカットされた状態。

中央 → ねじの頭をプレスしてねじの頭のカタチだけができた状態。

右    → 金型で工具穴と共にねじの頭が完成しました!

 

 

 

…しかし、よく見るとネジのギザギザのねじ山がありません!!

 

 

 

それでは次の工程へ。

こちらは「ねじ山」を作る「転造機」です。


ネジ山は「もみつけ加工」によって作られます。

こちらの転造機、昭和40年代から稼働している転造機もありました。すごいですね!

 


この「ダイス」と呼ばれるギザギザの間をねじが回転しながら通過します。

型の凸の部分で押してねじ溝を作り押された事で出っ張った部分がねじ山となるのです。

削られている訳ではないので、削りカスも出ていません

 


左 → 実際に手で機械を動かさせて頂き、ねじ山ができる仕組みを見せて頂きました。

右 → 転造機にかける前(左)と、転造機をかけた後(右)

 

 

 

このようにしてねじは作られていたのですね!!

 

 

 

次は浅井製作所さんで作られた、ちょっと珍しいねじ等をご紹介します!



左 → マイナス頭のネジ

右 → 外せないネジ

 


左 → ミニネジ

右 → コマ

 


左 → ネックレス

右 → リング

 

 

浅井社長!オシャレなアクセサリーまで作られていたのですね!!これまたすごいっ!!

一見、ねじを使っているとは思えないようなデザインです!!

 

 

 

ねじを作る工程を見て、色々な形状のねじを作られたエピソードを聞いて、驚きと、楽しさと、好奇心に駆られる工場見学でした。

機会の心地良い音や動きが今でも頭から離れません。。。

 

 

 

浅井社長、ご多忙の中、楽しく勉強させて頂き、誠にありがとうございました!

ユニフォームの秘密!!

こんにちは。

昭興電器製作所、福原です。

 

 

今回は、昭興電器製作所のユニフォームについてご紹介致します。

 

 

こちらが弊社のユニフォームです


見た目にはわかりにくいのですが、実はとっておきの秘密があります!

 

 

 

それではここで問題です!

このユニフォームには違いがあります!どこが違うか、お解りになりますか?

 

 

 

ヒント胸元にご注目下さい!


正解はロゴの色!グリーンブルーに分かれています。


では、なぜこのように色が分かれているのでしょうか?

 

左側グリーンのロゴのユニフォームは、「静電気帯電防止製品」となっています。


その為、静電気が起きにくくなっているのです。

 

 

 

聞いた話しによると、「このユニフォーム着ている時は静電気が起きた事がないかも…」との事でした!

たまにバチッ!!とくると、「あっ、ユニフォーム着てなかった…」と、思われるくらい違うそうですよ!

 

 

 

そしてこちらは金属製造部のユニフォーム


こちらは他のユニフォームよりも燃えにくい繊維が多く入っています

の色合いがカッコいい!ですね!!

 

 

 

安心して下さいっ!昭興電器製作所は、スタッフの安全対策も万全ですよっ!!

 

 

 

以上、ユニフォームのご紹介でした!

それでは次回をお楽しみに♪

 

 

Let’s工場見学!「照明器具の品質検査!」

こんにちは。

昭興電器製作所、福原です。

 

 

いよいよ照明器具の組立作業は最終段階に入ります。

同時に、製造段階で行う「工程検査」と梱包後に行う「出荷検査」も一緒にご紹介致します。

 

 

 

始めに「工程検査です

試験用のランプを取りつけて検査をおこないます

検査は、絶縁耐圧点灯などをチェックします

工程検査では全数が対象となります

 

 

 

製造段階では平行して「」も作っていきます。

「枠」とは、照明器具の「」にあたる部分のようなものです。


前回ご紹介したパッキンを貼った部品にガラスなどを納めます

 


外れないようにしっかり固定します

 

 

 

 

工程検査後の作業です


検査に合格した製品は「」をはめて完成となります

 


そして全ての台数が完成したところで梱包します

 

 

 

梱包が全て終わったら、最後に「出荷検査」を行います。

出荷検査は工程検査とは異なり、全数検査は行いません!!

規定に基づき「抜取検査」と呼ばれる、ランダムに選ばれた1台が検査対象となります。

 

 

 

出荷検査はとても重要検査です!

工程検査より更に細かくチェックしていきます。


一度完成した製品を取り外します

 


まずは図面と合わせて、枠の大きさネジ穴の位置などをチェックします

 


塗装の厚さもチェック

 


 

工程検査同様、絶縁耐圧点灯などをチェックしていきます

 

 

 

その他にも、安定して点灯し続ける事ができるか?

電流電力力率など細かくチェックを行います。

細かく検査する事で、万全な状態に仕上げます!


合格製品はいよいよ出荷となります

 

 

 

ご紹介したのは日々の製造のほんの1部です。

事前準備や組立、検査など、たくさんの工程がありました。

製品によっては、もっとたくさんの作業や工程を行い、照明器具になるものもたくさんあります。

 

 

 

そして、昭興電器製作所で組立てられた照明器具も、私達の身近なショッピングセンターやテーマパークなどで、活躍してくれているかもしれませんね!

ふとした時に色々な場所の照明器具を何気なく見てみるのも面白いですよ!

 

 

 

今回で照明器具を製造する特器製造部のご紹介は以上です。

それでは次回をお楽しみに♪

Let’s工場見学!「照明器具 組立作業の流れ!」

こんにちは。

昭興電器製作所、福原です。

 

 

今回は照明器具の組立の流れを見て行きましょう!

 

 

パートナー会社で塗装された部品が帰ってきました!

このまま特器製造部のフロアに上がります

 

 

作業の流れを見て行きましょう!

作業台を用意して器具のベースを並べていきます

図面を見ながら枠の大きさネジを留める穴の位置などがあっているか細かくチェックしていきます

1つの器具に必要な個数の部品を置いてから取り付けていきます(しっかり員数管理をしています!)

ネジの留め忘れ部品の付け忘れなどを防ぐ事ができるだけでなく、作業効率UPにも繋がります↑↑

電動ドライバーで部品を取り付けています

ネジがしっかり入って電動ドライバーが止まったらそのまま更に人の手のチカラで一度ネジを締める増し締め」を行います

念には念を入れて!安全対策です!!

注意事項などのシールも全て手作業で貼り付けていきます

一定の位置に貼れるようマグネットシートなどの治具を活用しています

配線は絡まったりたるみがでないように結束バンド」などで束ねていきます

感電漏電を防ぐ為の工夫です

反射板で隠れてしまう部分ですが安全面に配慮しキレイにまとめていきます

そしていよいよ器具のベースに取り付けていきます

増し締め」や「引っ張り確認」、「マウントベース」などの固定具を駆使し全数一気に組立ていきます!

 

 

ここまできたら試験用のランプを取り付けて「工程検査」を行います。

その様子は次回「出荷検査」と一緒にご紹介しますね!

 

 

組立がスタートすると、大型照明器具や複雑な構造の器具では数日かかる事もありますが、

小型照明器具単純な構造の器具であれば、数100台でも約1日で完成させる事が可能です。

前回ご紹介した「事前準備」や「員数管理」など、たくさんの工夫を駆使する事で、 実現しているのですね!

 

 

それでは、次回「工程検査」と「出荷検査」についてご紹介致します。

お楽しみに♪

Let’s工場見学!「照明器具の製造は準備が大事!?」

こんにちは。

昭興電器製作所、福原です。

 

 

前回は、照明器具がどのようなものかを見て頂きました。

今回は、実際の製造現場と、作業効率をUP↑↑させる為の事前準備をご紹介致します。

 

 

まずは作業フロアを見てみましょう!

今までの製造現場とは、大分雰囲気が違いますね!

特器製造部ではフリースペースでの生産方式を採用しています。

 

 

照明器具の製造は、生産量製品の形状が違う為、作業台を固定していません

さらに、折り畳み式の作業台を使用する事で、必要な時に必要な作業台を配置し、移動もできるようにしています。

照明器具の製造に工具は欠かせません。整理整頓が大事!

こちらはネジを収納している棚です

種類によって色分けされています

使用する時は引き出しごと取り出し、使用後は元の棚に戻します

ネジの混入を防ぐ事もできますね!

 

 

組立に入る前に欠かせないのが「事前準備」です。

部品などをすぐ本体に取付できるように、部品を用意しておきます。

どのような作業があるか見ていきましょう!

 

 

配線準備

配線は使用する長さにカットします

先端は「線抜き」という処理がされてる状態です

銀色の線は部品に差し込む部分になります

 

 

配線の差込

部品に線を差し込む作業も行います

線が抜けないように「引っ張り確認」を行います

2kgのチカラで引っ張り、抜けないか確認します

これを2度行います

 

 

パッキン貼り

ガラスなどの部品が傷つかないようにパッキンを貼ります

引っ張りすぎるとクッション性を失う為、慎重に…こちらも手作業です

 

 

補修作業

補修前、このようなわずかな塗装のムラも「補修」します

補修をしないとサビの原因となってしまうのです

補修後、白い点がなくなりました

 

 

照明器具の組立は「流れ作業」のように進んでいきます。

その為、このような部品の「事前準備」を行う事が、作業効率をUP↑↑させてくれます。

 

 

次回はいよいよ照明器具の組立作業のご紹介になります。

どのような工夫と仕組みで照明器具ができあがるのでしょうか…

お楽しみに♪

Let’s 工場見学!「照明器具とはどんなもの?」

こんにちは。

昭興電器製作所、福原です。

 

 

今回から照明器具を製造する特器製造部についてご紹介致します。

 

昭興電器製作所では、板金加工をメインとする金属製造部で作られた器具をパートナー会社塗装し、

特器製造部の元で照明器具へと組立られます。

 

 

皆さんは照明器具』と聞いて、どんなものをイメージされますか?

 

照明器具とは、主として電源ユニット調光器(明るさを調節する器具)、ソケットプラグ

電気配線などが組み込まれ、光源を固定したり、保護したり、安全に電気を流す為の器具の事です。

 

わかりやすく説明すると…

ランプランプを光らせる為に必要な部品を納める器具の事です。

(※ランプや電気部品などは調達しています)

 

 

実際に弊社で製造した照明器具がこちらです。

蛍光灯やLEDライトを取り換える際に目にした事があるでしょうか?

反射板が取付られるので、調光器や配線などは隠れてしまいます。

反射板を取り外すと、このようになっています。

安全面に配慮して、線が重ならないように束ねたり、固定するなどしています。

また、製品により仕様が変わる為、取り付けられる部品や配線なども変わりますよ!

 


昭興電器製作所で製造している照明器具は、小型照明器具から大型照明器具まで大きさは様々

また、大量生産はもちろん!一点物まで幅広く対応しています。

 


昭興電器製作所では、皆さんが良くご存知のテーマパーク観光スポット学校ショッピングモール

大型施設などにも照明器具を納品しています。

皆さんの身近な所で、昭興電器製作所で製造された照明器具を目にされているかもしれませんね!

 

 

次回は「製造現場」の様子と、製造をスムーズに行う為の「事前準備」についてご紹介致します。

お楽しみに♪

予告編!「昭興電器製作所の強い味方!!」

こんにちは。

昭興電器製作所、福原です。

 

昭興電器製作所では、長年の経験確かな技術を持つ、複数のパートナーさんと連携し、

精密加工複雑な形状の器具の製造、過密なスケジュールへの対応など、

不可能か… と思われる事も可能なものに!してきました。

ダイキ工業所 小田原さん

40年以上も前から大変お世話になっております。

昭興電器製作所から約30m先にあるご近所の板金工場です。

スタッフが困った時、すぐに相談できる心強い味方です!

 

ダイキ工業所 小田原さんについては、今後詳しくご紹介致します。

 

パートナーさんの協力があってこそ!

昭興電器製作所も技術向上品質向上に繋がっていると言っても過言ではありません!

いつもご指導ご協力、本当にありがとうございます。

 

今年はパートナーさんのご紹介もしていきますよ!

お楽しみに♪

2015年度 年末のご挨拶

こんにちは。

昭興電器製作所、福原です。

 

弊社は12月上旬、忘年会を行い、スタッフ皆さんの1年の労をねぎらいました。

 昭興電器製作所 友の会(昭友会)今期メンバーが企画進行

飲んで食べて大賑わい!

楽しい一時、笑い声が終始飛び交っていました。

 

 

そして、今日は朝からスタッフみんなで各フロア、各部署の大掃除!

1年間、共に過ごしてきたフロアをキレイ✨にしました。

来年もまた、各フロア、各部署で業務に励みます。

大掃除中も笑い声が絶えないのが、昭興電器製作所の素晴らしい✨ところですね(笑)

 

明日12月27(日)~1月3日(日)まで冬期休業となります。

ちょっと寂しくなりますね…

たっぷり休養を取って、来年も元気に頑張りましょう!!

 

 

**********

 

 

皆様には、本年も格別のご配慮を賜りました事、スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。

時節柄、ご多忙の事と存じますが、くれぐれも御自愛下さい。

2016年も変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

それでは皆様、よいお年を♪

冬期休業のお知らせ

年の瀬も押し詰まり、ご繁用の事と存じ上げます。

誠に勝手ながら、弊社の冬期休業は下記の通りご案内申し上げます。

 

◆冬期休業期間

  2015年12月27日(日)~2016年1月3日(日)

   ※1月4日(月)より、通常営業致します。

 

皆様には、大変ご不便をおかけしますが、何卒ご容赦賜りますようお願い申し上げます。

 

休業中に頂きました、メールやFAXでのお問い合わせにつきましては、1月4日以降、

順次、対応させて頂きますので、よろしくお願い致します。

Let’s工場見学!「溶接加工ってどんな作業??」

こんにちは。

昭興電器製作所、福原です。

 

前回までは、板金工場の大きなマシーンを見て頂きました。

今回は「溶接」について見ていきましょう!

 

 

まず始めに、溶接とは?どんな作業なのでしょうか?

 

溶接は、2個以上の部材の一部を溶接機により熱や圧力などで接合し、1つの部材にする加工方法です。

日本では弥生時代の銅鐸にも溶接の跡が発見されています!

現在では、鉄骨や鉄筋などの建物や、機械、車など私達の日常生活に関わる多くのものに施されている加工技術です。

 

昭興電器製作所の板金工場では、主に2種類の溶接加工を行っています。

 

 

始めにアルゴン溶接です!!

 

TIG(ティグ)溶接とも呼ばれる溶接方法で、溶接する材料(母材)同士または溶加棒(溶接棒)などを溶かして、

溶融金属(熱などを加え、液体になった金属)を作り接合する溶接方法です。

こちらは火花が飛ばない溶接方法になります!

こちらは溶加材(溶接棒)などを溶かして母材と接合させているところです

 

 

溶接する際、空気が入ったり、不純物が混ざってしまうと、溶接部分がもろくなってしまうので、それを防ぐ為にタングステンと呼ばれる針先のような部分の周囲から、アルゴンガスを放出し、空気を遮断します。

こちらの道具がトーチ、まるで囲った部分がタングステン

母材同士を溶接した部分

 

溶接というと、火花が飛んでいるイメージがありませんか?

それは被覆アーク溶接といって、アルゴン溶接の仲間になります。

金属の棒に被覆材が巻かれていて、洗濯バサミのようなホルダーで挟み電流を流すと、被覆材がガスとなって、アルゴン溶接と同様、空気や不純物を遮断します。

建築現場工事現場など屋外で用いられる溶接加工です。

 

 

次はスポット溶接です!!

 

細かい部品本体同士など板材の面と面を貼り合わせる時に活躍します!

こちらは圧接といって、電流による加圧で局部的に溶融し接合する方法です。

ホチキスのように、接合したい部分を留めていきます。

こちらがスポット溶接機

先端の丸で囲った部分に部材を挟んで溶接します

丸で囲った部分がスポット溶接で接合した部分

 

 

実は「はんだ付け」も溶接の1種なのです。

熱で溶かしたはんだによって金属を接合する作業の事で、電子部品や電線、端子、コネクタなどの配線部品を接合し、

電気回路を形成する用途としても使われる事があります。

昭興電器製作所では、照明器具を組立てる特器製造部」で行われている時があります。

「はんだ付け」は従来、鉛とスズの合金で行われていましたが、現在は環境保全の為、鉛フリーの金属で行われています。

 

 

溶接は、鉄などの板材を1度溶かして接合するので、短時間では接合が甘くなり、長時間では金属が溶けてします。

その感覚も全て技術と経験によるものですし、細かい部材もあるので繊細な作業でもあります。

 

 

板金工場では、図面を展開し、1枚の真っ新な金属の板材から使用する部品を切り出す事から始まり、

板材を曲げたりネジ穴を作ったり溶接で部品を接合する事により、照明器具としての土台が完成します。


 

今回で板金工場の工場見学は以上です。

 

機械職人さんの見た目ダイナミックなものが多いですが、作業内容は緻密です。

板金工場では、確かな技術を持ったスタッフさんが大活躍!!ていますよ!

 

出来上がった器具は、協力会社さんのもとで塗装され、昭興電器製作所に戻ってきます。

そして、戻ってきた器具は次回から紹介する、特器製造部により、その他の部品と合わせて組立てられ、照明器具」となっていきます。

 

それでは次回をお楽しみに♪

お問い合わせ
  • 採用情報について
  • QRコード
小ロットからでも対応可能!特注照明器具・LED照明器具の製作・OEMなら昭興電器製作所にお任せください!